なせなる台湾記

なせなる台湾記

テーマが「台湾」な物語をたくさんご紹介します〜我最喜歡台灣的故事〜

【台湾】高雄に行ったらこれ食べてみて!〜雞肉飯〜

私がよく訪れる高雄の庶民料理のお店を紹介していきたいと思います。

美麗島駅の1番出入口から徒歩数秒のところにある「大圓環」というお店です。

 

こちらが1番出入口を出てすぐの写真です。

この写真の中の左手がそのお店になります。

f:id:nase-naru:20180105185342j:plain

 

オーダーの仕方は、厨房付近にある注文票に赤い鉛筆で数字を書いて店員に渡します。

中国語が喋れればそのまま口頭でもよいかもしれません。

私のオススメはこちらの「雞肉飯」と「蛤仔雞肉湯」です。

f:id:nase-naru:20180105184707j:plain

 

日本円にして300円ほどですが、味が本当にいいです。

特に雞肉飯は、細かい豚の角煮も一緒に乗っていて、ほどよい甘さのタレと鶏肉とご飯の相性が抜群です。

台湾では北から南まで色んな都市の雞肉飯を食べましたが、未だこれを超えるものに出会っていません。

立地もわかりやすく、初心者でも行きやすいですね。

 

あまりにも好きなので日本で自ら作った雞肉飯がこちら。

まだまだ修行が足りませんが、私の好みな味に近づけるよう創意工夫したいと思います。f:id:nase-naru:20180105184717j:plain

 

ちなみにレシピは以下のとおりです。(2人分)

 

<鶏肉の味付け>

鶏胸肉:300g

青ネギ:少々

料理酒:大さじ1

水:500mg

水を沸騰させて中に料理酒を入れかきまぜ、そぎ切りした鶏肉を40分つけます。

その後、肉をほぐして細かくバラしていきます。

 

<タレ>

にんにく:1片

しょうが:少々

長ネギ:1/3

ごま油:50mg

ねぎは小口切り、にんにくとしょうがは薄く切り、すべて鍋にいれて、混ぜながら弱火で少し焦げるぐらい(約5分)まで熱します。

 

炊いたご飯の上に鶏肉を乗せ、タレをかけます。

お好みで青ネギを乗せれば完成です。

是非お試しください!